ヒゲ剃り・ムダ毛処理後の肌に!



馬油バイブル|アトピーから腰痛まで驚きの万能効果を解説
あなたの悩みに応える馬油がここにある!



馬油バイブルTOP » 馬油のこんな使いみち » ヒゲ剃り・ムダ毛処理後の肌に!

馬油を毛抜き・カミソリ後の傷んだ肌に使う!

細菌の感染と肌を保護する効果に期待!

肌のことを純粋に考えると男性にとっての髭剃り、女性にとってのムダ毛処理というのはとてもいいとはいえないものです。 毛抜き・カミソリを使う場合は肌にとっては大きな負担になります。

例えば男性のヒゲ剃りですが、ヒゲと一緒に厚さ0.02㎜という肌のバリア機能を削り取ってしまいます。 肌を守り、肌のうるおいを保つ機能を削り落してしまうわけですから、肌は炎症してしまいますし、乾燥します。

女性のムダ毛処理にも同じことが言えます。T字カミソリなどを使ってワキや腕や足、股間のムダ毛をキレイにしていると思うんですが、 シェービングクリームを塗ったところで、肌のバリア機能は削り落とされてしまうので、その部分は乾燥するし、かゆくなってしまうと思います。

たまにヒゲ剃りやムダ毛処理をするのなら、騒ぐこともないんですが、身だしなみとして毎日の習慣になっている人も多いと思うので、 そうなると、肌への負担やダメージというのは相当蓄積されてしまっていると思ったほうがいいです。

こうしたカミソリで傷つけられた肌にクリーム代わりに使うといいのが馬油です。

傷ついた肌に塗ることで、素早く浸透して、保湿&保護作用で皮膚の回復を早めてくれるということもありますし、 毛穴に細菌が侵入することで発生する毛膿炎(=毛包炎)などを防いでくれる殺菌作用があることが非常に役立ちます。

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理すると、ニキビのような赤い湿疹ができることがあると思いますが、それが毛膿炎(=毛包炎)です。 不衛生的な環境や器具を使ったり、毛穴に無理な負担がかかる毛抜きを使うと特に発生しやすいです。

毛穴に炎症が起こっているので、炎症したニキビがニキビ跡を残すように、毛膿炎がひどい場合は化膿して色素沈着ができて痕が残ります。 男性であれば顎の下(裏側)、女性であればワキや鼠径部などに赤いポツポツや色素沈着ができやすいですよね。

こうした毛穴の炎症を抑えて、殺菌作用で雑菌や細菌を繁殖させない効果があるのが馬油なので、 髭剃りやムダ毛処理後のクリームとしてはぴったりなんですね。

ヒゲ剃りやムダ毛処理後のクリームとして

  • バリア機能が低下した肌を保湿してくれる
  • 毛膿炎の原因になる細菌の繁殖を防ぐ
  • 炎症を防ぎ、色素沈着ができるのを防ぐ
  • 新陳代謝を促進して、皮膚の回復を助ける

毛膿炎を防ぐために肌を消毒する方法もありますが、肌環境を維持している常在菌まで殺してしまうので、むしろ肌荒れなど肌トラブルの原因になってしまいます。 悪い菌だけ捕らえて逃がさない肌に優しい馬油を使ったほうが100倍いいです。

カミソリ負けを防いでくれるけど、馬油でムダ毛が伸びるのが早くなる!?

保湿力に保護力、そして殺菌作用とヒゲ剃りやムダ毛処理後の肌の回復にぴったりな馬油ですが、毛の処理と関連して、 面白い話を見つけました。「馬油を使ってしまうとムダ毛の伸びが早くなる」という話です。

これは結構なるほどなーと納得してしまう話です。

というのも馬油に含まれる栄養素と血行促進効果で、毛根が元気になることで、抜け毛が減るとかうぶ毛のような細い毛が太くなるといった効果も有名だからです。 (※育毛業界では、発毛効果はないけれど、今ある毛を太く丈夫にするといわれています。)

あくまで口コミ情報ですが、まつ毛美容液代わりに使ったらまつ毛が抜けなくなったとか、眉毛が薄いのがコンプレックスだったけれど、 馬油のせいで濃くなってきたという話もあります。ようするに、そんな使い方もされているってことなんです。

となると、ムダ毛が伸びるのが早くなるというのもあってもおかしくないのかな?と思うんです。実際どうなのかは試したことがないので、わかりませんけど。。。。

一応、そういう話もあるということです。

ただ、それを差し引いたとしても、毛抜きやカミソリで傷んだ肌に馬油を塗るというのはプラスの効果のほうが大きいと思いますよ。 しかし、本当にいろんな効果効能がありますよね、馬油は。

「馬油のこんな使いみち」カテゴリの他の記事

  • 頭皮を馬油でマッサージ!
  • シミ・シワ・ニキビのケアに!
  • イボ痔・切れ痔に!
  • ヒゲ剃り・ムダ毛処理後の肌に! ←今ココ